飛騨育ち飛騨牛振興プロジェクト

pj7.jpg
7.png

■「SDGs」関連するゴール

​この事業のポイント

★岐阜県が世界に誇るブランド和牛「飛騨牛」。とりわけ飛騨育ちの飛騨牛は特別な価値がある存在です。市内の畜産農家はわずか24戸に過ぎませんが、市の農業産出額の約半数を畜産物が占めていることからも、飛騨牛は市の基幹産業であるといえます。
 

★飛騨牛の子牛を産む母牛(経産牛)は、経済的合理性や疫病予防の観点から一定期間での更新が必要となりますが、肉牛としての流通価格が低いという課題があることから、市内の畜産農家では、飛騨牛同等の環境で再肥育することで肉質の向上を図り、新たなブランド価値を創出しようとする動きも生まれています。
 

★市では、畜産関係者の高齢化を踏まえ、次代の飛騨牛生産の担い手農家の育成に加え、疫病等からブランド・産地を守る獣医師の確保対策、経産牛の新たなブランド化を図り、持続可能な畜産業の振興に取り組みます。